値上げラッシュと宿泊金額

出張での宿泊、早朝に用事がある時の「前乗り(前泊・前日入り)」、推し活後に終電が無いための後泊(あとはく・こうはく)、気分転換の小旅行や買い物のための宿泊など……いつもと違う場所で仕事をしたり、趣味を楽しんだり、リフレッシュするために「自宅以外に宿泊する」という機会が皆さんにもあると思います。ただ、昨今の値上げラッシュで気になるのが「宿泊費」ですよね。

ビジネスホテルはいくらで泊まれる?

2000年の始めは5,000円以下で泊まれるビジネスホテルを簡単に見つけることができました。東京都心・新宿でもビジネスホテルなら5,000円程度を目安に探すことができました。朝食付きで5,000円台も見つかったくらいリーズナブルに「ホテル」の施設が利用できました。

ところが2024年の現在、ビジネスホテル(ビジホ)の値段は素泊まりでも8,000円〜10,000円、都心では15,000円という金額もチラホラ見受けられます。ビジホが値上がりしている事に「5,000円ではもはや無理」、「急な宿泊だと15,000円払う覚悟が必要」、「素泊まりで10,000円以上するの?」という、悲鳴に近い声が上がっているくらいです。たしかに宿泊自体が目的でない場合、少しでも安い方が良いと考えますよね。

カプセルホテルはいくらで泊まれる?

では、ビジネスホテルではなくカプセルホテルはどうでしょう? カプセルホテルはカプセル型の寝床(幅1m×高さ1m×長さ2m程度の空間が多いです)がある「寝る」だけの施設です。サウナやスパ、共用の滞在スペースが併設されていて、飲食は共用部分、寝る時にカプセルに入るというイメージがありますね。カプセルホテルは終電を逃したビジネスパーソン(主に男性)が利用する簡易宿というイメージがありましたが、Wi-Fi完備の施設、女性専用フロアを用意している施設が現れ、宿泊の選択肢のひとつとして人気が出てきました。こちらも以前は一泊3,000円程度のイメージでしたが、昨今は値段が爆上がりしている感があります。

また、カプセルホテルという独特のシステムに対する物珍しさも相まってか、日本に旅行に来る一部の外国人の間でカプセルホテルが知られるようになり、「カプセルホテル体験をしたい」という外国人が増えたためハイシーズンの値段が上がってきました。

「カプセルホテルなのに」10,000円を超える施設もあり、「もはやビジホ越えの金額」、「休前日は以前のビジホの倍の値段」という場合もあります。カプセルホテル側もインバウンド(brInbound)の需要を逃したくないため、今後も値段が上がったままになりそうです。

総じてカプセルホテルは「以前のビジネスホテルより高い」と感じるくらいに値上がりしています。

マンガ喫茶(漫画喫茶)に泊まるといくらかかる?

マンガ喫茶には、時間設定の施設と宿泊料金を設定している施設があります。宿泊料金を設定している施設では堂々と宿泊できます。

では、こちらで一夜を明かすといくらになるでしょうか?
設備や金額によってまちまちですが、3,500円程度が多いようです。だいぶリーズナブルになってきました。ただ、施設によっては飲食物の持ち込みが原則禁止だったり、シャワーなどの設備の利用は有料なこともあるので、想定より高くなることもあるようです。また、「寝る」事に特化しているわけではないのでリラックスできるシートやひざ掛け程度の備品はあっても、布団は無いようです。

車中泊にかかる費用は?

次に「泊まる場所」として思い浮かぶのが「車中泊」です。普段から車で移動する方の中には、眠気に襲われて高速道路のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)や道の駅で少々仮眠を取った経験がある方もいらっしゃるでしょう。交通事故防止のためにも眠気を取ることは大切ですし、たいていのSA・PA、道の駅では休息としての仮眠を許容しています。しかし、仮眠と違って計画的に睡眠を取る=宿泊となると話は変わります。

道の駅に泊まっていいの?

道の駅では基本「仮眠・休息」の場所としての利用を想定していて、車中泊を禁止している施設も多いのが現状です。宿泊エリアのある道の駅もありますが、東京23区、特に新宿区内には道の駅自体が見当たりませんでした。

コインパーキングで宿泊はあり?

明確にNGと規約に載っていない場合、OKと判断されることもありますが、エンジンを切らずにアイドリング状態でいると近隣住民に「不審者がいる」と通報されたり、巡回中の警察官に職務質問される可能性もあります。トイレも無いのでそこも気になりますね。また、車内で熱中症になったり、エコノミークラス症候群をひきおこしたり、車上荒らしに狙われたりと、一般的な室内に比べると危険も多そうです。

そんなことから車中は安心して寝ることができるスペースではないように思えます。そもそも都心ではパーキングも結構高額です。夜間は一律1,500円程度もありますが、新宿ですと10分300円もあります。

アスクルームに泊まれば宿泊問題は解決?!

ビジネスホテルは高い! ネットカフェも高い! 漫画喫茶も高い! 車中泊は不便! そう感じていらっしゃる皆さんに、ぜひオススメしたいのが当社の「アスクルーム」です。新宿徒歩圏内の中では低料金で設備も充実していると自負しています。

アスクルームとは?

アスクルームは新宿・大久保・新大久保から徒歩圏内の個室レンタルルーム・ネットルームです。JR山手線「新大久保駅」からは徒歩約2分となります。

アスクルームのメリット

  • シャワーや洗濯機を無料でご利用いただけます(譲り合ってご利用ください)
  • タオル、シャンプー、歯ブラシ、洗剤などアメニティーも無料でご提供
  • カギの必要な方には鍵を貸し出しします(デポジット制)
  • 飲食物の持ち込みOKです!
  • 施設・時期によってはお茶のサービスがあります
  • ナイトパック(18時~翌12時)が2,200円
  • 24時間パックは3,300円
  • 72時間パックも8,800円とリーズナブル
  • 1ウィーク (7日間)がなんと14,300円

ベッドのあるVIPルームも

  • ベッドがあります(布団をかけて寝ることができます)
  • VIPルームご利用料金は 1ウィーク20,900円です

いかがでしょうか?ビジネスホテルは高い! ネットカフェも高い! 漫画喫茶も高い! 車中泊は不便!そう感じている方は是非一度アスクルームをご利用ください。寝具のある安い施設を探している方もぜひご検討ください。
ご自身の出張、前乗り、後泊出のご利用はもちろん、今回は利用のない方も、ぜひお友達に教えてあげてほしいです。

また、1か月以上の長期滞在を計画している方は、姉妹施設のアスクハウスもご覧ください。
新宿・新大久保・大久保エリアのシェアハウス「アスクハウス」。

PAGE TOP